脂肪注入法によってバストアップ

脂肪注入法によってバストアップをすることは、注意したいこともあります。バストを大きくするために脂肪を注入したはずが、脂肪が分解されてしまう可能性もあるようです。注入した脂肪がほとんど分解されてしまって、注入した脂肪ほどバストを大きくすることができなかったという人がいます。逆に、少し大きくしたいと思っていたのに注入した脂肪がたくさん定着してしまって、大きくなり過ぎることもあります。

この大きさになりたいというバストサイズが決まっている人は、脂肪注入は適さないかもしれません。豊胸手術によって、大きくしたい胸のサイズが決まっている人の場合、シリコンを使ったほうが期待に即する可能性が高いでしょう。気をつけたいこととして、豊胸を目的として脂肪を注入する場合、注入するための脂肪を自分の体の一部から取り出す必要があることです。

胸のサイズを大きくするために脂肪を注入することを希望しても、注入するための脂肪がない限りは、手術ができないわけです。脂肪が300ccなければ、脂肪注入をして豊胸手術を行うことはできないでしょう。痩せていて採取する脂肪が体のどこにもないという人は、残念ながら脂肪注入による豊胸手術を受けることはできません。豊胸を目的とした脂肪注入では、切開による手術痕が残りますが、アンダーバストの隠れやすいところなので不自然さはありません。不自然な傷跡になることもなく、歳月がたてば一層わかりにくくなりますので、手術痕については心配いりません。

http://www.tb-rheinhausen.net/