食事で肌対策

hana

乾燥肌対策は、普段の食事でしっかりと栄養を摂取することができるものとなっているのです。

一般的に、お肌にいいと言われている栄養素はたくさんありますが、解くに乾燥肌にいいとされているのがビタミンA、B、C、Eです。ビタミンAの栄養素の働きですが、皮膚や粘膜のうるおいを維持する力があります。

さらに、新陳代謝を活発にしてくれるのです。レバーやうなぎ、あなごなどを食事に取り入れることで摂取することができます。ビタミンBは、新陳代謝を活発にしてくれるほかに、肌が乾燥することで起きてしまう炎症を防ぐことができます。

レバーや卵や大豆に含まれています。ビタミンCは、乾燥肌を防ぐために必要な肌のコラーゲンの生成を促すしてくれる働きがあります。パプリカやレモンなどを食事に取り入れることで、摂取をすることができます。

ビタミンEは、血行を促進してくれますし、肌の新陳代謝も活発にしてくれます。ごまやアーモンド、ナッツなどに含まれています。

敏感肌ピリピリ化粧水

きれいなお肌になりたい

きれいなお肌になりたい人は、ヒアルロン酸と、コラーゲンを利用します。コラーゲンや、ヒアルロン酸を配合した美容ドリンクや、スキンケア用品などは、化粧品売り場に並んでいます。

肌をきれいにする効果が、ヒアルロン酸やコラーゲンにあるのはなぜでしょう。

真皮層と角質層という2つの層があり、それぞれ異なる性質があります。コラーゲンとヒアルロン酸は、より深い部分にある真皮層で効果を発揮しています。肌がしっとりとしているのは、真皮層にあるヒアルロン酸が、水分を含んでいるためです。

水分を含んだコラーゲンが、網目のように皮膚の中を行き渡っているコラーゲンの間に収まっていることで、肌は乾燥せず、水分を有したままの状態でいられます。

肌のハリを維持するコラーゲンは、細胞と細胞の間にあります。若いころの、たるみやしわのない肌は、コラーゲンが弾力を高めているからといえます。

しわやたるみが多い肌は、コラーゲンが欠乏状態になって、肌の弾力がなくなっていることを意味します。

年齢を重ねると、人の肌はしわやたるみが多くなり、老けて見えます。これは、コラーゲンやヒアルロン酸が、肌から失われているからです。

水分の多い肌は新陳代謝が盛んですが、ヒアルロン酸やコラーゲンが少なくなると代謝が悪くなって、古い皮膚が肌に残ってしまいます。代謝が悪くなると、痛んだ皮膚や、しみができた部分がなかなか排出されず、シミやくすみの状態で残りやすくなってしまいます。

年齢を重ねるとターンオーバーが遅くなるため、シミが消えづらくなるのです。弾力がなくなってしわやたるみが多くなるだけでなく、しみやくすみの増加も、ヒアルロン酸やコラーゲンと関係しています。

敏感肌ゆらぎ対策